株式会社Kandao TechnologyとVR未来塾は、2020年の商用化に向け標準化を目指す“次世代通信システム5G“と、5Gを活用したVRシステムについての無料セミナー「来たるべきVR×5Gの未来」を2019年3月27日(水)に開催しました。

5Gを活用した360度8K VR映像配信

Kandao Technologyはハードとソフト両方の研究開発に力を入れています。より高品質な撮影をユーザーに体験させるために、最先端のオプティカルフローとデプズ技術を駆使しています。そのため、Kandao Technology社は中国国内唯一のハイクオリティな8K 3DVRライブ配信能力を有する企業です。

Kandao Technologyはハードとソフト両方の研究開発に力を入れています。より高品質な撮影をユーザーに体験させるために、最先端のオプティカルフローとデプズ技術を駆使しています。そのため、Kandao Technology社は中国国内唯一のハイクオリティな8K 3DVRライブ配信能力を有する企業です。

Kandao Technologyはこれまで、中国最大通信企業(中国移動、中国聯通、中国電信)、Huawei、そしてCCTV(中国中央電視台)と提携して、幾つかの大きなイベントを8K VRでライブ配信を行いました。
例として、春節聯歓晩会、第5回世界インターネット大会、2018年世界ショートコース水泳選手権大会等があります。
また、Kandao Technologyの陳丹氏は「東京オリンピックを来年に控え、5Gを活用したVRライブ配信への期待が高まるのでしょう」と発言しました。

5GとVRの組み合わせが切り開く新たな商機とビジネスモデルの展望

HTC NIPPONの川木富美子氏は今までの通信世代を振り返って、3Gと4Gと比べて5Gを幅広い領域で活用することを話しました。HTCは5Gがハブの役割になって色々なサービスを展開することを考えています。5Gの特徴を活用すると、メガネ型のデバイスの普及が可能になり、そのデバイスを利用して、情報収集と情報発信ができるという未来が来ると予想されました。

​パノラマ超エンジンが実現する360°VR: 8K Liveと12K VOD

5Gを活用した高品質パノラマ映像のライブストリーミング配信では撮影から視聴までトータルの性能向上が必須だとNTTテクノクロス株式会社の仲西成氏が説明しました。高品質のカメラ(例えばKandaoのプロ向けカメラObsidian)と正確なステッチングでキャプチャーした動画をパノラマ超エンジンの技術で処理するとユーザが視聴しているエリアを綺麗に見せます。これから来る5G時代では、高解像度のライブ配信が真の臨場感を実現できると期待されます。

これまでのVRライブの取り組みと事業について

「日本では、2016年に『VR元年』と呼ばれ、VRに関するトッピックが世を謳わせましたが、現在は、当時の盛り上がりに比べるとやや落ち着きを見せるVR市場ですが、通信大容量化の5G時代を見据えて、ソーシャルVRやスポーツやエンタメを中心としたVRライブなど、再度盛り上がり機運が出てきています」と株式会社クロスデバイスの代表取締役社長早川達典氏が力説されました。