2020年東京オリンピックをめどに、次世代の通信技術である5Gの通信インフラ整備が着々と進んでいます。最近、ようやく日本の通信キャリアに5Gの周波数帯が振り分けられました。5Gを活用したシステムや基盤技術、様々なソリューションが推進されています。

5G時代が到来すると、大容量のデーターを低遅延で伝送することが可能になり、VR産業が再度盛り上がりの機運が出てきています。業界初となる5Gを応用したVRライブ配信も新しい革新につなげていきます。5G 8K VRライブ配信能力を有するKandao社は世界で初めてVRのステッチングとレンダリングをクラウド側で処理できるシステムを開発しました。高価なサーバーが不要となり、軽量化、そして低コスト化を実現することができました。

今までのVRパノラマライブシステムは8K解像度と大量のデーターを処理するために、強力な処理能力を持つローカルPCを使う必要があり、コストが高い上に、簡単に調整できるという柔軟性がありません。

5Gとギガビットイーサネットの普及により、VRライブのステッチングとレンダリングをクラウド上に実現するための高速かつ低コストのネットワーク環境が整っています。Kandao クラウドVRライブは高価なサーバーの代わりに、クラウドステッチングとストリーミングサーバーを活用して、8K VRライブが高速に安定な5Gネットワーク経由でヘッドマウントディスプレイやスマホに伝送されます。

Kandao社の8K VRライブ配信ソリューションが2019CCTV春節聯歓晩会で応用されました

実体のないサーバーはVRライブ配信の応用にとてつもなく重要。

つまり、8K VRライブを配信するにはKandao Obsidian 3Dカメラ一台及び5G CPE又は光ファイバーがあれば、臨場感溢れるVRライブを楽しめます。コストを抑えられるだけではなく、複数カメラ、空撮、カメラ移動等柔軟性が求められる大規模なイベントにも最適です。

現在、Kandaoの5G 8K VRライブソリューションが唯一の成熟したソリューションとして様々な分野で活躍しています。CCTVの「春節聯歓晩會」、世界インターネット大会、世界水泳選手権、ボアオ・アジア・フォーラムなど大規模のイベントに活用され、多くのパートナーと電気通信事業者に認められました。

PGAゴルフツアーでKandao社のソリューションによる8K VRライブ配信を実現しました

クラウドVRライブソリューションはKandao社独自の知的財産権を有する8Kパノラマステッチングとエンコード/デコードのアルゴリズムに基づいて、プロセッシングをクラウド側で処理します。ユーザーはいつでもどこでもクラウドでライブの状態をリアルタイムで把握することができ、ローカルサーバーと同じような安定性と低遅延のライブを配信します。

現在、全世界でインターネットの高速化により、VRクラウドライブも広く応用されると見込めます。Kandao社はHuaweiクラウド、Tencentクラウド、そして全世界の電気通信事業者と協力して、実用化・商用化に向けてソリューションの開発を推進します。